車も住宅も燃費の良い時代へ

車も住宅も燃費の良い時代へ

BELS(ベルス)とは、建築物省エネルギー性能表示制度のことで、新築・既存の建築物において、省エネ性能を第三者評価機関が評価し認定する制度です。平成28年4月より、対象範囲が住宅に拡充されると共に、建築物省エネ法第7条に基づく建築物の省エネ性能表示のガイドラインにおける第三者認証の1つとして運用が開始されました。国のお墨付きが与えられる省エネ性能表示制度であり、新築だけでなく既存住宅についても評価・表示が可能ですので、建物の省エネ性能、資産価値を示すひとつの指標となります。 ※BELS[ベルス]とは Building-Housing Energy-efficiency Labeling System(建築物省エネルギー性能表示制度)の略称です

BELS

建物の省エネ性能を同じモノサシで測定しも建物の「燃費」をBEIという数値を基に星の数で表示します。星の数は1〜5で多い方が燃費に優れています。同じ計算法に則って一次エネルギー消費量を算定し表示するので、消費者にとって建物の「燃費性能」が一目分かるメリットがあります。

BEI=設計一次エネルギー消費量(OA機器、家電など分を除く)÷基準一次エネルギー消費量(OA機器、家電など分を除く)

BELSは、一次エネルギー消費量の基準値からの削減率や基準への適合可否、性能(BEI)に応じた5段階の★マーク等で表示されます。評価に用いられる指標及び手法は、外皮性能および一次エネルギー消費量によることを基本とし、その評価方法は省エネ基準によります。住宅の場合、BEIが0.8以下の建物が★5となりますが、松栄ホームの住宅ではBEIは0.5程度とさらに優れています。

BELS